Monday, August 28, 2006

真光(Mahikari)の祖師が受け取ったとする『最初の啓示』につ いて ー その真偽 <その五>

This is the 5th post in phoenix3000's series of posts concerning the revelation claims on which Mahikari is based. It contains interesting food for thought: despite the numerous references within Sukyo Mahikari literature to "raise the hand", why is there no reference to Okada receiving instructions from God concerning making omitama and having kumite wear them round their necks?


ところで、『御み霊』なるものが登場するのは何時 からなのでしょうか。何がきっかけだったのでしょ うか。昭和34年6月19日の最初の研修会で、す でに御み霊が用意されていたのでしょうか。
過去の真光出版物で、御み霊の始まりについての記 述に出くわした方、いらっしゃいますか。

宗 教に素人である良一(光玉)に突然の『最初の啓 示』が降りる。初めは困惑する。最初の手かざし (=犬への手かざし)が行われる。それから人に手 をかざす。病気が治る ーーー この光玉の話の設 定では最初からあるとは考えられません。光玉の神 は、「御み霊なるものを作って、首にかけろ」とは 指示していません。犬に手かざしした時も、『次々 に人に手かざしした』時も、御み霊のことには一切 言及していません。「手をかざせ」との指示に困惑 したけど、「御み霊なるものを作って、首にかけ ろ」といったような指示に困惑したのではありませ ん。このような指示は『最初の啓示』に含まれてい ません。もし含まれていたら、二重、三重の『困 惑』であったはずです。そして、「科学をやって来 た人間だ」と自負するのなら、御み霊に対して、ひ どく懐疑的になってもよいはず、そしてそのことが 口にのぼるはずです。

『手をかざせ』との指示には、『そんな聖者みたい な真似が出来るとはいくら馬鹿でも考えられない。 そんなことを考えるのはそれこそ気違いだ』  (『御対談集』P280 ー 「真光と犬の話」参 照)と光玉は言っているのです。それなのに御み霊 に対する言及が一切ないということは、犬へ手かざ しした時も、次々に人に手かざしした時も、御み霊 なるペンダントをすでにかけていたとは到底思えま せん。 御み霊なしで手をかざし、奇跡が起きたの でしょうか。御み霊なしで、額にお浄めしたので しょうか。御み霊なしで、霊動が出たのでしょうか。

それとも御み霊のことは、光玉にとってあまりにも 「当たり前」だったので、付けていたけど、言及す るのを忘れた(?)のでしょうか。もしそうなら、 言及しないほど、または言及し忘れるほど「当たり 前だった」のはどうしてでしょうか。

もしすでにかけていたのなら、「科学をやって来た 人間だ」と自負するのに反してしまいます。つま り、ここでも彼の言うことには現実味を伴った一貫 性が欠如してしまうことになります。ただし、御み 霊に関する疑似科学的説明は初級研修テキストに出 ています。

  皆様の拝受されました御み霊は、主の大神様と 皆様組み手のお一人お一人に御神霊より霊波線がつ ながれており、その霊波線を通して神の「真光」 「御加護光」「神秘光線」を四六時中お送りいただ いております。
  このことは卑近な例でいえばテレビ、ラジオの 放送に対し、そのセットを家に置いたのと同じ原理 で、今までの諸々の、俗にいうお守りとは全然内容 が異なって、一瞬一瞬のご守護はもとより、人の命 をもお救いさせて
  いただけるものであり、行の必要がなく万人生 きたイエス化の可能時代が来たのですから、命より 大切にお取り扱いいただきたいと存じます。(初級 研修テキスト P67 )
 
光玉は『地上代行者』だから手かざしするのに『御 み霊』は必要がなかったのでしょうか。
『最初の啓示』の後、最初の研修会前に「御み霊な るものを作って、信者に首からかけさせろ」といっ た指示が降りたのでしょうか。
『御聖言』には御み霊に関する指示、記述は出てこ ないから、これは「光玉の神」ではなく、光玉自身 の考え出した物なのでしょうか。その念の入った扱 い方も彼の考え出したことなのでしょうか。

光玉が『御み霊』を三つも首からさげていた、との ことは、真光裁判の資料を調べて、初めて知りまし た。甲子(恵珠)によると、光玉もかけていたので す。
1)父のおみ霊  2)二代用のおみ霊 3)ラー ム氏から頂いた分  とのことです。

『御 聖言』に御み霊に関する指示がないことについ ては、『御聖言』は「これまでに公開発表を許され た御聖言をここにまとめ、新たに刊行することのお 許しをいただいた」もの(『御聖言』P4)だか ら、『御聖言』に載っているのは神示の全部ではな い、御み霊そのものと御み霊に関する指示はあった のではないか、でも含まれなかったのだろう、と信 奉者は抜け道を見つけそうです。
でも、御み霊は真光にとって必須のカルトアイテム なのに、その公開を許されないとはどういうことで しょう。初級研修テキストにはちゃんと御み霊のこ とが5頁にもわたって書かれているではありません か。
その項目だけでもあげると、
 
 1)お取り扱いについて  2)御容器は開けな い様に  3)お取り扱いの心得について 4)お はずしされる時の心得  5)御み霊を落とした時 の心得
 6)失った時、水につけてしまった時、遠方に置 き忘れた時     その他の注意事項  .....          (P67−71)

そ れに『御聖言』が神示の全部ではない、とは便利 です。『ヨのみ霊もちて娘に与えよ』との紙切れと 似たり寄ったりのことをすればよいのです。「最近 になってこれが見つかった」とか、「実はこれも あったのだが、いままでは公開が許されなかった」 と言って、後に過去の日付をつけて発表すればよい のです。それが実際いつ、誰によって、何に書かれ たものであるか、文意は明白か、前後の文脈が合う か、などという検証は神の領域、つまり、信心の領 域を侵すもので、霊障である、邪神邪霊の妨害であ る、と信者に思わせればよいのです。

さて崇教真光の主張に沿って、『光玉の手かざしは 終戦直後に始まった』そして『最後の岩戸開き』の ごとく『奇跡が次々に起こった』ことにすると、光 玉自身の描く「光玉」像とは相容れず、話が混沌と して来ることは前述しました。 (<その三>参照)
一応ここでも同じ質問を出してみましょう。崇教真 光の、この話では御み霊はいつ、どんなことがきっ かけで登場するのでしょうか。

御み霊登場のエピソードがない、というのは本当に 変だと思いませんか。
『30 年史』には、昭和24年に「あなたは、今、 神かくしに合っている...」とある宗教家から予 言めいたことを言われた(P66)とか、光玉があ る山に登って、神に『お伺い』したら、『金竜が出 現した』と言い、その時の様子(P69)とかに は、紙面を割いてわざわざ述べているのに、肝心の 御み霊、『命より大切だ』と一方的に押し付けて来 る、それほど大切な『オミタマ』の登場に関しては 何の記述もないのです。そんな素性の知れない物 を、信者になると押し付けられて、取り扱いに細心 の注意を要求されます。そうして渡されたオミタマ はいつの間にか信者の生活の中に食い込んで、その 生活と思考を動かしていくのです。そればかりか、 『御み霊があなたを守る』『死後も御み霊があの世 で役に立つ』と本気で思わされてしまうのです。

崇 教真光の言うところの「光玉」像では、終戦直後 (または戦後間もなく)の犬への『最初の手かざ し』は御み霊なしで行われた、ということになるの でしょうか。『最後の岩戸開き』の記述のように 『奇跡が次々に起こった』勢いであれば、御み霊の 必要性が生じてきません。御み霊なしで奇跡が起き たが、やがて、『神霊の世界を研究』しているうち に救世教の教えと浄霊(手かざし)と天津祝詞に加 えて、そこのお守り(『おひかり』)にも目を付け たのでしょうか。

終戦直後、または戦後間もなく、救世教に入信し、 浄霊のお守りをもらい、さて、試してみよう、と犬 に浄霊してみた、というのなら、現実味を持って来 るのですが。

救 世教で光という文字が書かれた紙を折り畳んで、 お守りとして使っているのだから、それを発展させ て、真光のペンダントを作り、『その辺の神社のお 守りとは違うものである、命より大切なものであ る』とすれば、人の信仰心をもっと引き出すことが できる、と見込んだのでしょうか。「イワシの頭も 信心から」と言いますから。

「安物だけど..」なんて渡されても、「有り難 み」は湧かないけれど、「家宝だよ」なんて言われ て渡されたら、たとえ安物のつぼでも大事にする気 にさせられるのが、真面目で、気が良い人々の傾向 です。そしてその品の扱い方が込み入っていれば、 実際には何の価値がなくても、扱う人にとっては、 その品物に個人的なつながりと意味が形成されてい きます。あれこれタブーがあれば、なおそれに拍車 がかかるし、丁寧に扱わなければ、「悪いことが起 きる」などと脅かされれば、なおのことしっかりと 心が恐怖で縛られてしまい、一種の心理的隷従関係 の奥深くにはまっていきます。こうなると、物品の 方がその人の行動、思考、心理を操縦するようにな ります。この仕組みを「目に見えないものに操られ ている」と表現することも可能です。しかも真光の オミタマの場合は、現実と密着しているようでい て、実は現実とは違う、言ってみれば光玉の作り出 した架空の世界に繋がっていて、そこから信者の行 動、思考、心理、感情まで操ってきます。というこ とは、真光批判に時々見られる、「真光(=魔光) が信者にさやっているのだ」という、真光からは逆 の見方も心理的現象として成立するのです。

崇教真光では、昭和34年の『最初の啓示』ととも に、あるいはその後間もなく、御み霊に関する指示 が降りたとするのでしょうか。
それとも『最初の啓示』の以前に、『声なき声』で 「御み霊なるものを準備し、首にかけよ、かけさせ よ」との指示があったことにするのでしょうか。

既 存の『御聖言』のどこかに差し込むのが一番簡単 かもしれません。『最初の啓示』に割込ませると、 手かざしへの困惑にオミタマへの困惑も付け加えね ばなりませんし、それ以前に持っていくと、昭和3 4年に『手をかざせ」と命じられた時の光玉の困惑 が合わなくなります。「御み霊なるものを準備し、 首にかけよ」というのはそのためだったのか、と いった反応が光玉にあってもいいはずです。それに 教団が『声なき声』『姿なき声』を使い過ぎると、 光玉の主張する『最初の啓示』のインパクトがさら に色あせて来るし、幻聴傾向のある人間、というこ とにもなり、その精神状態が正常だったのかどう か、疑ってかからなくてはならなくなります。既に 使い過ぎのようにも思えるのですが。

『御み霊』がカルトアイテムであり、マインドコン トロールするのに実に巧妙な道具であり、信者に心 理的首かせの役割を果たしていることは、外の世界 から真光の世界を振り返って見ると明白です。実は もう一つ重要なことがあります。インターネットで 次のような書き込みがありました。意味は自明で しょう。

  名前:岡田良一 俺は神の声を聞いた。確かに 聞いた。”手をかざせ”と。  
          
          しかし考えてみれば御み霊に ついては聞いてなかったな。
          どうしてあんなものが必要に なったんだっけ?
          
          そうだ!誰にでもできたら俺 が儲からないではないか!
 

        
  ------ 火の鳥phoenix3000

6 Comments:

Anonymous dexter73 said...

I remember reading somewhere that Okada initially did not know the technique of "calming down" the spirits and had to invent the word "Oshizumari" by experimenting with "Kotodamas". So it does seem that not everything was "revealed".

August 30, 2006  
Blogger Anne said...

Yes, you are right. On page 50 of Daiseishu, Okada is quoted as saying:

Nowadays, you know that you need to say oshizumari calmly as you have been taught, but at that time I had not yet studied korodama, and so I did not know what to do in order to calm a spirit.

However, it might be interesting to look at a few dates here. The first revelation in Goseigen, in which he claims God told him to "raise the hand", was supposedly February 27 1959, and in the "revelation" supposedly received on May 15 1959 (2 1/2 months later), he claims that God told him to bear witness to God's Light and the kotodama, as if Okada was already an expert on the subject of kotodama.

Kumite perhaps assume that the theory of kotodama was something specific to Okada and Mahikari, but I've seen enough material concerning kotodama on websites from other sources for me to think that it was a popular topic amongst spiritual and psychic groups at that time. I must investigate that properly when I have time...

But in any case, regardless of whether we think Okada genuinely believed he had received revelations from God, or whether he just made them up, there is no record of him claiming that God told him to introduce omitama. This suggests that the idea to insist that omitama is needed to radiate okiyome came from Okada himself...and what a smart idea! Without omitama, there would have been little reason for any believers to actually attend kenshu, join the Mahikari organization, offer donations, and in general stay within the range of influence from kanbu and other members.

August 30, 2006  
Anonymous Dexter said...

Hi Anne,
Yes, the Buddhist encyclopedia that I have has a lot of references to "special" amulets (they have a wide spectrum of properties) that are prepared by monks (who claim to have special abilities). Maybe Okada might have been inspired by this. It is interesting to note that such pendats are very important in Shintoism as well as Hindusim (Yantras). This is also true of "taking care of Ancestors"(which was also not a "revelation" BTW)

August 31, 2006  
Anonymous Butterfly said...

Anne,

Yes I agree with you that the Okadas were very smart in putting rules and regulations with the use of the omitama.

Sadly, the SM omitama is an energy vampire and it is this cult’s intention to manipulate and control the kumites and siphon off as much of their energy through
the so called energetic cord attachment process. Look
how their teachings lay it out that you can only receive
the light of God through Keishu who purportly bestows
it downstream to the masses. Of course you must have
paid your connection fee to the organization before
you are permitted to receive this favoured light. Well
this is their way of mastering the masses. Just don’t ask
any questions as SM staff members don’t have any answers. You are just expected to follow along in a “herd-state”.

Its such a nice feeling to know that each one of us is
a creator of our own reality and can choose any time
to change the sheets on the bed we lie on.

Joyfully,
Butterfly

August 31, 2006  
Anonymous Anonymous said...

Hi Anne,
Even johrei practitioners wear the locket or the sacred focal point. How are they different from the Mahikari organization? Do they wear the locket all the time? Are they required to wrap their locKets and pin it to a pocket on the innerwear?

December 02, 2006  
Blogger Anne said...

Sorry, but I don't know any details about the Jorei locket. Perhaps someone else can answer this question?

December 02, 2006  

Post a Comment

Click << Home to see articles posted more recently.